書類でまず目の行くところ

芸能

オーディションの多くは書類審査から始まり、書類審査に通過すると面接や演技など実際に審査員に会える場に呼ばれることが多いです。書類審査で審査員が確認しているポイントはさまざまですが、一番に目の行く写真が大きなウェイトをしめています。映像系やモデル系など、見た目で勝負していく世界はポーズも含めた印象で判断されており、写真のイメージが合わなければ、書類の中まで見てもらえないこともあります。声優やナレーターなど、最後は声が審査対象になるオーディションでも、見た目の良さは重視されます。宣伝などで写真に写る機会も多く、声だけだからといって見た目に手を抜いてはいけません。一番問題なのは、写真と見た目が異なっている場合です。特に髪の短い方は髪が伸びるだけでも随分印象が変わります。定期的に撮りなおして乖離はできるだけ減らしましょう。

自分が一番よく見えるものを選ぶ

スタジオ

作品や題材が決まっていない事務所所属や劇団所属オーディションでは、自分が一番自信のある画角や表情で勝負しましょう。笑顔がチャームポイントなら使わないのはもったいないです。スタイルが綺麗なら、全身を写すものではそれが強調できるものにすると、尚印象に残ります。写真にポーズや背景色の指定がある場合は、それを活かしてどうやって自分をよく見せるか考えることも重要です。似た色合いのものでも光の当て方や微妙な色加減で写りは大きく変わります。自分で選べるとベストですが、難しい場合はメイクも含めて専門の方の力を借りてみましょう。出された条件を最大限に利用できるのも才能の一つとして加点要素になる可能性があります。

作品の雰囲気に合わせる

スタジオ

作品のオーディションのように、ある程度求められるものが予想できるときは、それを踏襲していくのも大事です。過去に同じ監督、カメラマンが撮影した作品や、物語の雰囲気など参考にできるものはたくさんあります。服装やポーズの理由を聞かれたときに説明がつけやすいのもメリットです。服装や背景色に指定がある場合はそれが求めるものに近い場合があります。なぜそれが指定されているかまで踏み込んで考えられると、目に留まる写真を撮れます。特にポーズの指定がある場合は、与えられた素材をいかせるかといった、応用力まで見られています。腕を組む一つとっても組み方や印象はさまざまなので何パターンも試してみるのが得策です。一つに凝り固まりすぎると、大事な要素を見落としたり、可能性に気が付かない原因となります。奇を衒うならすべてを逆手に取り、目立つ写真を送るのも一手です。ただしそれを面白いと感じるか、ふざけていると感じるかは審査員の感覚次第なので、出す際は慎重に出しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中